上方落語 襲名 春団治 小文枝 松鶴?
2017090608184588e.jpg

上方落語の大名称 桂春団治

3代目が亡くなりはって 4代目の襲名が春之輔師匠に決定と

僕達しろうとが記事見た時にまず思ったのが 福団治師匠じゃないのかと

よくよく記事見てみてみますと 3代目の遺言だそうです

そうなんですね  3代目の遺言

それは大きな決定権ですね

僕らしろうとの目で見れば 現在一番弟子で名前の流れ 落語の上手さ

弟子の数 指導 キャリアなどから福団治師匠に決まってるものだと(*´ω`)┛

すっかりと思い込んでいました  以外です

と言って春之輔師匠がどうのこうのと言うわけでもないです

むしろ 春之輔師匠の方が 関西ローカルお昼番組していたり

キャラクターも明るく馴染みがありウエルカムです

201709060818155f4.jpg20170906081802f25.jpg

何度か落語聞きましたが 3代目とは感じ違います

最近は聞いてないですが 東京でいえば三笑亭夢之助師匠的ポジションかナット

ただ まだまだ弟子の数少なく これから益々と 名人への道を期待します

3代目の芸の継承 これは難しいかと

独自の芸風磨いていただきたいのと 3代目のダンデイーなお洒落な芸風

細やかな所作など良い所は継承していただきたいです

20170906081749004.jpg

更にもう一つ これは驚きました

師匠の前名 小文枝をあのきん枝さんが継ぐと

桂きん枝といえば 何かとお騒がせ 名前変えたり議員立候補したり

ザ パンダで 小染 文珍 八方 三枝さんも含め一世風靡

一躍人気者に成りました

落語家と言うよりはタレント的で 落語は僕が見ても下手でした

最近は見てませんが 狸賽 看板の一 親子酒位かと

ターちゃんと言うくだりくらいしか記憶無いです

マアこれも 先代の文枝師匠が出来の悪い子ほど可愛いとおっしゃってて

ご遺族 特に奥様のご意見も強く マア現文枝の次 二番目の弟子という

20170906081917859.jpg2017090608190181f.jpg


この辺りで決まったのではということらしいです

マア 今更ながら落語聞いてみてどうだか見てみたいです

ただ 一般販売のCD等きん枝さんのもの見たこと無いです

これをきっかけに出回るかもです

201709062005470b4.jpg

これで四天王の後継者2人は決まり 残るは松鶴と米朝さん

米朝は枝雀さんか吉朝さんが生きてりゃと。。。。。暫くは見送りかと(。-_-。)

松鶴さんも7代目決定のごたごたがあり 直弟子はもうないかと言われてます

最有力が 前回僕も本命視していた6代目松喬さんの一番弟子で7代目継ぐ

三喬さん辺りかと いわゆる孫弟子です

対抗は 6代目の実子 先代の枝鶴の弟子の現6代目枝鶴かナット

こんなのも アッと驚くどんでん返しがあるかもです

それもまた 楽しです

201709062003508cc.jpg201709062004214fa.jpg

ハイ?(笑) 何故に落語のブログ書いてるかですか?

過去のブログにも有りますが6代目松鶴さんの元家が目と鼻の先なんです

高校生の時に島之内寄席が始まり そのころからの落語ファンです

マア落語界 なんやかんやで盛り上がればハッピーかと(笑)

季節の変わり目 少し喘息悪化注意です  お大事に



にほんブログ村
(*'▽'*)ココをクリックしてネ!
関連記事

Comment 0

What's new?